女王蜂は、働き蜂よりも大きく、長い体を持っています。色は黒く、群れに1匹しかいません。寿命は約3年で、働き蜂や雄蜂と比べるとはるかに長いです。1日に1000個以上の卵を産むことができます。卵の状態では働き蜂と同じですが、特別な部屋でローヤルゼリーを与えられることにより女王蜂に育ちます。女王蜂は常に働き蜂に取り囲まれて世話をされています。

大きく、寿命も長い女王蜂

次の写真で黒く長いのが女王蜂です。働き蜂と体格が全然違うことが分かります。

1日に1000個以上の卵を産むことができます。ニホンミツバチの群れは多くて数万匹のミツバチがいるそうですが、その大部分を占める働き蜂の寿命は、時期によっても変わりますが数ヶ月程度しかありません。絶えず卵を生み続ける必要があるのです。ニホンミツバチの卵は、白くて細長い棒のような形をしています。

卵の時点では働き蜂と違いはない?

驚くことに、卵の状態では働き蜂と同じですが、特別な部屋でローヤルゼリーを与えられることにより女王蜂に育ちます。女王蜂を育てる場所は、王台を呼ばれ、大きさや形、作られる場所が働き蜂のものとは大きく異なります。ローヤルゼリーはビタミンやミネラルも豊富で、注目されていますね。

女王蜂を囲う「ローヤルコート」

女王蜂は常に働き蜂に取り囲まれて世話をされています。巣箱の中ではなく、開放的な空間に作られた珍しい巣で女王蜂を撮影しました。多くのミツバチが頭を女王蜂の方に向けて取り囲んでいることが分かります。首を絞められているような声で鳴いているのが女王蜂です。

女王蜂は司令官ではない?

女王蜂が司令官として、群れを管理しているというイメージが強いのですが、実は女王蜂は権力はなく、産卵をする役割だけのようです。例えば、卵を産むときも、働き蜂が作った巣房の穴の大きさで、メスの働き蜂を産卵するか、オスの雄蜂を産むのかを判断するそうです。ニホンミツバチの統率された動きを見ると、どういう仕組みで動いているのかとても不思議です。

女王蜂が司令官でなければ、働き蜂が司令官?

ニホンミツバチの群れが、女王蜂にリードされているのか、それとも働き蜂が群動かしているのかは、正直なところわかりません。ただ、働き蜂も、驚くような生態を持っているのは確かです。次は、働き蜂について、ご紹介します。

=> ニホンミツバチの生態5. 働き蜂

更新日: