ニホンミツバチを飼育するには、ニホンミツバチの生態については最低限知識が必要です。まず、ニホンミツバチの基本的な生態や、飼育している人などの基本的なことがらを勉強しましょう。

ニホンミツバチは在来種

ニホンミツバチは、日本に昔から生息する在来種のミツバチです。木の洞(うろ)などの閉鎖的な空間に巣を作って生活しています。東アジアにはトウヨウミツバチが生息しており、日本列島に生息するトウヨウミツバチをニホンミツバチと呼んでいます。もちろん、環境が違うため、他のトウヨウミツバチとは若干性質が異なります。

江戸時代には、和歌山でニホンミツバチのハチミツが生産されていたという記録が残っています。その他、長野や宮崎、京都などの地域で、伝統的に飼育が行われていたようです。これらの地域で行われていたのは、木で作った簡易な箱や、丸太をくりぬいて作った巣箱で飼育し、巣を丸ごと押しつぶして採蜜する方法です。これらの伝統的な手法は、代々受け継がれることでいまも日本全国に残っています。この本で紹介する方法も、少しずつ進化してはいますが、基本的には昔から伝わっている伝統的な方法です。

セイヨウミツバチは異なる生態、飼育方法

日本には、明治時代に輸入されたセイヨウミツバチもおり、飼育方法もニホンミツバチとは異なっています。このため、これまでにあなたがテレビなどで知ったミツバチの飼育方法とは、ニホンミツバチの飼育方法は違うかもしれません。また、同じミツバチですが、セイヨウミツバチとニホンミツバチでは、若干の性質の違いがあります。

生態1. セイヨウミツバチとの違い

日本には、ニホンミツバチとセイヨウミツバチの2種類のミツバチが生息しています。ニホンミツバチは、日本に昔から住んでいる在来種です。セイヨウミツバチは明治時代に輸入された外来種です。ニホンミツバチとセイヨウミツバチのいろいろな違いについて紹介します。

=> ニホンミツバチの生態1. セイヨウミツバチとの違い

生態2. 分蜂(分封、ぶんぽう)とは?

ニホンミツバチの飼育を始めるには、分蜂群れを捕獲する必要があり、それには分蜂についての知識が必要です。ニホンミツバチが増える仕組みの、分蜂について説明します。

=> ニホンミツバチの生態2. 分蜂(分封、ぶんぽう)とは?ニホンミツバチが増える仕組み

生態3. ニホンミツバチは大人しい

「ミツバチ=刺す」というイメージなので、飼育ができないと思っていませんか。ニホンミツバチは大人しく、観察をするくらいなら滅多に刺すことはありません。ペットのように可愛がる人も多いです。動画を使ってその驚きの生態を紹介します。

=> ニホンミツバチの生態3. ニホンミツバチは大人しい

生態4. 女王蜂

女王蜂が一番偉いわけではありません。驚きの生態を貴重な動画を使って紹介します。

=> ニホンミツバチの生態4. 女王蜂

生態5. 働き蜂

1つの群れにはたくさんの働き蜂がおり、様々な仕事を分担し、群れを維持しています。
働き蜂の仕事について紹介します。

=> ニホンミツバチの生態5. 働き蜂

生態6. 雄蜂(おばち)

女王蜂と働き蜂はすべてメスですが、オスのミツバチも存在します。その意外な一生を紹介します。

=> ニホンミツバチの生態6 雄蜂(おばち)

生態7. スズメバチを蜂球で倒す

ニホンミツバチは天敵のスズメバチをやっつけることができます。驚きの必殺技を紹介します。

=> ニホンミツバチの生態7. スズメバチを蜂球で倒す

生態8. 野生のニホンミツバチはどこにいる?

野生のニホンミツバチはどんなところに暮らしているのでしょうか?意外と身近なところにいることも多いです。動画を使って紹介します。

=> ニホンミツバチの生態8. 野生のニホンミツバチはどこにいる?

生態についての疑問はニホンミツバチQ&Aで聞いてみよう

ニホンミツバチのQ&Aでは、全国のニホンミツバチの養蜂家が情報を交換しています。質問すれば、各地の多くの養蜂家さんから回答が寄せられます。生態についての質問があれば、ぜひニホンミツバチQ&Aに投稿してみてください。

=> ニホンミツバチのQ&A

更新日: