ニホンミツバチを捕獲するために重要なキンリョウヘン。キンリョウヘンについての概要、入手方法、育て方について説明します

キンリョウヘンの栽培は難しい?

キンリョウヘン(金稜辺)の栽培は難しいのでしょうか?「簡単だ」という人と、「難しい」という人に分かれます。ランの中では簡単な部類ですが、初心者には簡単ではありません。これまで経験がない人は、少し難しいと思っておいてください。

キンリョウヘンの栽培は、シンビジウムの栽培方法とほぼ同じです。シンビジウムは、ランの中でも入門者向けです。シンビジウムは人気のある品種なので、育て方の本はたくさん出版されています。キンリョウヘンの栽培よりも、シンビジウムの方が正しい情報が豊富にあります。

地域差に注意しましょう

京都ニホンミツバチ週末養蜂の会は京都府で活動しています。私たちがキンリョウヘンを育てているのは京都府の丹波地方で、日本海側の気候です。冬には30cm程度の雪が積もることが度々あります。冬は曇りや雨、雪の日が多く、太平洋側と違って空気があまり乾燥しません。また、冬に限らず昼夜の寒暖の差が激しいです。ですのでここで書いた方法は、日本全国で通用するわけではないことをご了承ください。

例えば、冬の水やりの頻度は、乾燥しがちな太平洋側より、湿潤な日本海側のほうが少なくて済みます。このように、地域によって適した栽培方法が異なります。インターネットで他の人の栽培方法を参考にするときや、他の地域の人に質問するときは、地域の違いを考慮してください。なお、市販の本は、太平洋側を想定してかかれていることが多いので、日本海側の人は注意が必要なことがあります。

春の育て方

・置き場所
ソメイヨシノが散ると屋外で栽培します。冬は屋内で栽培していますので、いきなり屋外に移動すると葉が日焼けしてしまいます。遮光を行うか、日当たりのやや悪い場所に置くなどし、目安としては1、2週間をかけて明るさに慣れさせてから、日当たりのよい場所に移動させてください。

・水やり
屋外で屋根がないところでは、雨が降るので水やりはそれほど必要ありません。4月から梅雨までは、晴天が続いて鉢の中が乾いたら、鉢の底から水がしたたるくらいたっぷりと水を与えてください。雨の降る日が多い梅雨の間は、自然に任せておきます。水の与え過ぎは根腐れの原因となります。

・花について
花芽がついていれば、徐々に成長していき、葉と近い高さまで伸びた後、花が咲きます。何もしなければ、花芽は下向きや横向きになるので、支柱を立ててビニタイでゆるめに支えてください。無理にまっすぐにしようとすると、花芽が折れることがあるので注意してください。

・葉芽について
花芽とほぼ同じ時期に新しい葉芽が出てきます。1つのバルブ(根元の膨らんだ部分)に複数の葉芽があると、葉芽やバルブの成長が悪くなり、花芽ができにくくなります。そこで6月頃に各バルブに1本ずつ残して、残りの葉芽は摘み取ります。なお、摘み取る時期は多少前後しても大丈夫です。

夏の育て方

・置き場所
真夏は日差しが強いので、葉が日焼けしないように遮光を行います。目安として50%程度の遮光をしてください。また、キンリョウヘンはもともと涼しい地域の植物です。最高気温は30度以下が望ましく、理想は25度くらいの場所がよいです。

・水やり
真夏は雨が少なく、日差しもきついので、毎日たっぷりと与えます。植木鉢の周りにも散水して地温を下げるようにします。梅雨明けから9月になり秋風を感じる頃までこれを続けてください。

・肥料
梅雨明け以降、夏場は肥料を与えないでください。

秋の育て方

・置き場所
霜が降りるまでは、夏に引き続き屋外に置いてください。秋風を感じる頃になると、日差しも弱くなってくるので、日除けを徐々に取り除きます。なお、台風のときは屋内に避難させてください。

・水のやり方
秋風を感じる頃までは毎日水を与えてください。その後は気温も下がって雨も多くなるので、春と同様に水やりはあまり必要ありません。徐々に水やりの回数を減らしていき、晴天が続いて鉢の中が乾いたら、たっぷりと与えるようにしてください。

・肥料の与え方
秋風を感じる頃になったら、肥料を与えてください。基本的には春と同じですが、この頃はカリウムやリンが多く含まれる肥料を与えると効果的です。

晩秋から冬の育て方

・置き場所
霜が降りる頃には直接霜に当たらない、軒下などの屋根のある場所に移動して寒さを経験させます。霜に当たってしまうと凍傷になり、枯れてしまうので注意してください。ポイントは、霜が降りる時期まで屋外で栽培することです。少し寒くなってきたからといって、霜が降りるよりも早い時期に暖かい屋内に移動させると花が咲きません。翌春に花を咲かせるために、寒さを経験させる必要があるのです。

霜が降りたら、屋内に移動させます。日がほとんど当たらなくても構いません。玄関などの暖房がされていない屋内で育ててください。暖房がある部屋で栽培すると、分蜂よりも早い時期に花が咲いてしまいます。最低気温が14度以下になる所を選んでください。最低気温が14度以上の場所はつぼみが成長しないで落下することがあります。

・水のやり方
この頃は、水はほとんど与えません。目安として、私たちは2、3週間に一度与えていますが、太平洋側はこの時期乾燥するので、もう少し高い頻度で与える必要があると思います。鉢の中が乾いたら、1日置いて水を与えてください。水は鉢の下から少し流れ出て来る程度の十分な量の水を与えてください。ただし、鉢皿に水を貯めてしまうと根腐れを起こしてしまいます。鉢皿に貯まった水は捨ててください。この時期は、水の温度にも気を付けます。冷たい水を与えると根を傷めてしまうからです。屋外のバケツに貯まった雨水はもちろん、この時期は水道水がかなり冷たくなる場合もあります。

・肥料の与え方
この時期は、肥料は与えないでください。

株分けの方法

キンリョウヘンがどうやったら増えるのか?その答えが株分けです。うまく株分けができるようになると、群れはどんどん増えていきます。

=> キンリョウヘン(金稜辺)の育て方 株分けの方法

病気、害虫

キンリョウヘン(金稜辺)は植物ですが、当然病気にかかります。また、害虫もおり、被害が発生することがあります。害虫、病気について簡単にまとめてみました。

=> キンリョウヘン(金稜辺)の育て方 病気、害虫

失敗例

キンリョウヘンの栽培についてのアンケートの中で寄せられたよくある失敗談を紹介します。

=> キンリョウヘン(金稜辺)の育て方 失敗例

キンリョウヘンの栽培は難しい、栽培もニホンミツバチの楽しみの一つ

キンリョウヘンの栽培は、難しいという人もいますし、簡単だという人もいます。実際のところどうなんだと思われる方も多いでしょう。はっきり言って難しいです。

日頃、植物を育てている人にとっては簡単かもしれません。ランを栽培している人なら、楽勝でしょう。キンリョウヘンはランの栽培の中では入門種です。

しかし、そうではない人にとっては難しいです。水のやりすぎ、肥料のやりすぎ、日光の当てすぎ、害虫など、植物を育てたことがある人ならつまづかないようなポイントでも、つまづいてしまうことが多いです。 キンリョウヘンの栽培はそう簡単ではありません。気合を入れて頑張ってください。

初心者には、待ち箱ルアーがオススメ

2014年から、キンリョウヘンの誘引成分を合成した待ち箱ルアーが発売されています。これを用意すればキンリョウヘンを栽培する必要はもうありません。

ニホンミツバチの生態の学習、巣箱の作成など色々とやることがあります。ランの栽培経験がなく、ニホンミツバチも初心者の場合、キンリョウヘンをうまく育てて、分蜂時期にバッチリ合わせられることは、ほとんど期待できません。

キンリョウヘンも高いですし、初心者は待ち箱ルアーを利用した方が、結果的にお金も時間も節約できます。

更新日: