日本には、ニホンミツバチの他にも、明治時代に日本に輸入されたセイヨウミツバチがいます。

セイヨウミツバチは外来種、ニホンミツバチは在来種

日本には、在来種のニホンミツバチが生息していますが、ハチミツを集める能力が高いセイヨウミツバチが明治時代に輸入されました。このため日本には、ニホンミツバチとセイヨウミツバチの2種類のミツバチが存在しています。

興味深いことに、セイヨウミツバチは野生化していません。セイヨウミツバチは人間の管理下になければ、自然界に生息できないのです。

これは、日本には強力なオオスズメバチがいるためです。オオスズメバチはミツバチの巣箱に侵入し、ミツバチを皆殺しにして幼虫やハチミツを奪う、獰猛な性質を持っています。ニホンミツバチはオオスズメバチと長い間共存しており、集団戦法を用いた対抗策を持っているのですが、セイヨウミツバチは故郷にこのような凶悪なスズメバチがいないため、1対1で戦いを挑み、全滅させられてしまいます。

※ ニホンミツバチは在来種ではなく、朝鮮半島から人間によって持ち込まれたとする説があります。

セイヨウミツバチは世界的に養蜂で利用される

世界的に養蜂に用いられるのは、セイヨウミツバチというアフリカやヨーロッパを起源とするミツバチです。

たくさんハチミツが採取できて、攻撃性も低い、飼育もしやすいように、家畜として改良が行われてきました。

優れた飼育技術、巣箱と共に、ヨーロッパから世界中に輸出されています。例えば、オーストラリアは養蜂大国として有名ですが、もともとミツバチは生息していなかったようです。日本にも明治時代に輸入されています。

セイヨウミツバチといってもたくさんの種類があります。日本で主に飼育されているのは、腰のあたりが黄色っぽい、イタリアンという種類です。日本の気候に合っているため導入がされたようです。

セイヨウミツバチ = 黄色い のではなく、セイヨウミツバチの中にもニホンミツバチのように全身が黒っぽい種類もあります。

詳しくは、日本養蜂協会のホームページで紹介されています。ミツバチの種類 | 日本養蜂協会

セイヨウミツバチは家畜、ニホンミツバチは野生種

セイヨウミツバチは、人間が管理しやすく、ハチミツがたくさん取れるように品種改良されています。

特に、日本では、養蜂場の中でしか生息していません(逃げ出しても長い間生き続けたり、繁殖したりするのは難しい)。ニホンミツバチは、人の手によって飼育されているよりも多い群れが自然界に生息していると考えられます。

ニホンミツバチはハチミツの生産性でセイヨウミツバチに劣り、また、環境が気に入らないとすぐに引っ越してしまう性質があることから、現在では商業的な養蜂はほとんど行われておらず、飼育している人は趣味の愛好者がほとんどです。

もちろん、プロの養蜂家はセイヨウミツバチを飼育していますが、趣味でセイヨウミツバチを飼育している人もたくさんいます。最近、日本各地で発足しているミツバチプロジェクトも、セイヨウミツバチをメインに飼育しているところがほとんどです。

ニホンミツバチを飼育しているところはほとんどないようです。これは、プロの養蜂家などに監修を依頼する必要があるが、ニホンミツバチはそもそも群れを捕獲するのが大変であること、ニホンミツバチは地方で趣味で飼育している人が多く依頼できる人が少ないこと、ニホンミツバチよりもハチミツがたくさん採れること、ニホンミツバチのように群れが急に逃亡したりしないという特徴のためだと考えられます。

セイヨウミツバチとニホンミツバチの飼育は別物

ニホンミツバチはほとんど放任のような形でも養蜂が可能ですが、セイヨウミツバチは飼育には高い技術が必要です。これは、両者の性質の違いもありますし、ニホンミツバチは江戸時代以前から行われているのと大差ない伝統的なスタイルでの飼育が多い一方、セイヨウミツバチは近代的な巣箱を使っているという飼育方法の違いも大きいです。

このため、セイヨウミツバチが飼育できたら、ニホンミツバチも飼育できるわけではありません。もちろん、セイヨウミツバチの飼育者であれば、ニホンミツバチの飼育の習得は早いですが、セイヨウミツバチの飼育では群れを購入してくるのに対して、ニホンミツバチは野生の群れを捕獲することや、ニホンミツバチとセイヨウミツバチで性質に違いがあるなどの違いがあります。

また、セイヨウミツバチは、病害虫が発生しやすく、初心者が安易に飼育すべきではありません。病害虫は周囲の養蜂家の群れにも伝染してしまうと、他の人にも迷惑がかかってしまいます。

飼育方法と生態の違いがごちゃ混ぜになっていることが多いので注意しましょう

ニホンミツバチとセイヨウミツバチの違いを語る際に、生態の違いと、飼育方法の違いがごっちゃ混ぜになっていることが多いので、そこはきちんと分ける必要があります。例えば、ニホンミツバチのハチミツを販売しているウェブサイトなどでは、ニホンミツバチのハチミツは年に1回しか取れないと書かれていることがあります。

これは厳密に言えば、飼育方法の問題です。丸太をくり抜いて作った極めて原始的な巣箱では、年に1回しか採蜜ができません。しかし、広く愛好家が利用しており、このサイトで紹介している重箱式巣箱というタイプの巣箱を使えば、年に数回ハチミツが採れます。(ハチミツの量が十分あれば)。

また、次の写真のセイヨウミツバチのように、近代的な巣枠式巣箱というものを使えば、ニホンミツバチでも年に何回も採蜜できます。

ハチミツの生産に関していえば、ニホンミツバチの方がハチミツを集める能力が低いという「生態」は事実です。また、ニホンミツバチの方が巣を放棄して逃亡しやすいというのも事実です。

ニホンミツバチを飼育してみましょう

ニホンミツバチは、セイヨウミツバチよりも採れるハチミツの量は劣りますが、ほとんど手間がかからず、養蜂の知識が少なくても飼育できるというメリットがあります。

ニホンミツバチの飼育は最近静かなブームとなってきています。このホームページでは、ニホンミツバチの飼育方法について詳しく紹介しています。

ニホンミツバチを飼育してみたいという方は、ぜひ次のページをお読みください。

=> ニホンミツバチの飼育を始めたい方へ

セイヨウミツバチの飼育も考えている方へ

日本で「養蜂する」というと、在来種のニホンミツバチと、外来種のセイヨウミツバチの2種類あります。

ニホンミツバチがいいのか、セイヨウミツバチがいいのか、悩むところです。もちろん、両方飼育することはできますが、生態が違うので飼育方法も大きく異なります。

私たちは、日本の在来種であるニホンミツバチの飼育してほしいという気持ちはありますが、強制するつもりはありません。自分にあったものを飼育してほしいと思っています。

残りのページでは、ニホンミツバチとセイヨウミツバチを飼育する場合について比較してみようと思います。

すぐに飼育を始めたい人にはセイヨウミツバチがおすすめ

ニホンミツバチとセイヨウミツバチでは、始める方法が全く異なります。

セイヨウミツバチは、15万円程度で群れ、巣箱、飼育道具を含めた飼育キットを購入することができます。

群れは、宅急便で送られてきて、すぐに飼育を始めることができます。

一方、ニホンミツバチは野生の群れを捕まえなければなりません。捕獲できるのは主に春です。春まで待たなければなりませんし、1年目で捕獲できるとは限りません。ニホンミツバチは捕獲まで何年もかかる場合もあります。

このため、すぐに飼育したい人、する必要がある人は、セイヨウミツバチが現実的な選択肢になります。

初期投資はなるべくかけたくない人にはニホンミツバチがおすすめ

セイヨウミツバチは、群れを購入しなければなりません。飼育を開始するためには、10万円以上の初期投資がです。

ニホンミツバチは、群れは野生のものを捕まえ、巣箱も手作りするので、お金をほとんどかけなくても始められます。

とにかくお金をかけたくないという人は、ニホンミツバチがおすすめです。ニホンミツバチが人気がある理由の1つが、お金がほとんどかからないことがあります。

たくさんはちみつを生産し、販売したい人はセイヨウミツバチがおすすめ

同じ環境なら、セイヨウミツバチがニホンミツバチの5倍以上のはちみつを集めると言われています。

はちみつをたくさん採取したい人は、セイヨウミツバチがおすすめです。

とは言っても、ニホンミツバチでも1群れから5kg〜10kg程度のハチミツが採れます。これだけ採れれば自家消費には多すぎるくらいです。

セイヨウミツバチは1群れから50kg以上も珍しくないのです。セイヨウミツバチはハチミツをたくさん集めるように品種改良されてきたので、ニホンミツバチとは圧倒的な差があります。

ニホンミツバチのハチミツはセイヨウミツバチの数倍の値段はつくのんですが、業として考えた場合は採れる蜜の量はわずかで、収益をあげるのが難しいと言えます。

また、捕獲するところから始める場合、販売までに至るには長い期間がかかります。ニホンミツバチでは、まず商売は成り立たないと考えてください。

ただ、セイヨウミツバチの養蜂家の高齢化、廃業が相次いでいることからわかるように、海外から安いハチミツが輸入されるので、セイヨウミツバチで養蜂しても、なかなか商売としてやっていくのは難しいようです。

手間をかけたくない人は、ニホンミツバチがおすすめ

セイヨウミツバチは、定期的に内部を点検しなければなりません。また、病気やダニに弱いので、人間がサポートする必要があります。セイヨウミツバチの飼育は、素人が甘い気持ちで手を出しても、失敗する場合が多く、飼育方法を体系的に学ぶ必要があります。

ダニや病気の被害を発生させてしまった場合、それが他の養蜂家さんの群れにも感染する可能性があります。管理不足が他の養蜂家さんの迷惑にもつながるのです。

一方、ニホンミツバチは野生種なので、自分たちで生きて行くことができます。

「養蜂」と言っても、野生のミツバチが人間の用意した巣箱に営巣しているという状態に近く、定期的な世話をほとんどしなくても飼育できます。もちろん、久しぶりに見に行ったら全滅しているなんてこともあるとは思います。(2010年頃からアカリンダニ対策で、1ヶ月に1回程度のメントールの設置が必要な地域もあります)

他にも色々趣味があって時間がかけられない人、飼育場所が別荘で頻繁には見にいけない人でも、ニホンミツバチを飼育することができます。

オーガニックなハチミツを採取したい人には、ニホンミツバチがおすすめ

セイヨウミツバチは、病気やダニの予防のために、薬品や抗生物質を与える必要があります。先ほど説明したように、病気が他の養蜂家の群れにも広がる恐れがあるので、しっかり対策をする必要があります。

ニホンミツバチは病気やダニに強いので、薬品の使用は不要で、オーガニックハチミツを採取することができます。(2010年頃からアカリンダニ対策でメントールを巣箱内に設置する場合がありますが、メントール自体は人体には無害です)

授粉(花粉媒介)に使いたい人には、セイヨウミツバチがおすすめ

果樹園をされている人が、花粉媒介用にミツバチを飼育したいという場合があります。

ニホンミツバチは逃亡といって、突然逃げてしまうことがあります。花粉媒介が必要な大事な時期にニホンミツバチがいなくなってしまったら大変です。

セイヨウミツバチには逃亡の可能性はないので、花粉媒介にはセイヨウミツバチがよいと思います。また、農業分野において、ニホンミツバチを使って花粉媒介をする例はまだ少ないようです。

ミツバチプロジェクトで飼育されるのは、セイヨウミツバチがほとんど

銀座を始め、都市部でミツバチを飼育する、ミツバチプロジェクトは、日本全国のたくさんの都市で行われています。

また、大学や高校でもミツバチを飼育するところも増えてきているようです。

このような取り組みで飼育されているミツバチは、体感では9割がセイヨウミツバチです。

ニホンミツバチを飼育しているのは、京都市中京区役所のプロジェクト「京・みつばちの会」など数えるほどしかありません。

ニホンミツバチは趣味の養蜂家が飼育していてプロがほとんどいないので、プロジェクトにおける指導者が見つかりにくいことや、群れの入手まで何年もかかる場合があることがあるようです。

ニホンミツバチは圧倒的に集めるハチミツの量が少ないので、みつばちプロジェクトの販売や商品開発が行いにくいことも理由の1つだと思われます。

セイヨウミツバチが増えるとニホンミツバチは絶滅の危機に?

「セイヨウミツバチが増えるとニホンミツバチは絶滅の危機になる」、「以前はセイヨウミツバチの飼育者が多く、ニホンミツバチは絶滅の危機だったが、現在では回復傾向にある」という意見もあり、セイヨウミツバチを飼育するのに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、セイヨウミツバチは野生化できないため、ニホンミツバチの生存域を日本中で脅かすほどではないと思われます。

以前は、セイヨウミツバチの養蜂家も多く、そのためニホンミツバチは人間が住む地域では減っていたことがありました。確かに、人の住む地域で、セイヨウミツバチが高い密度で飼育されると、ニホンミツバチは餌となる花の蜜や花粉を彼らと奪い合うことになるため、数が減ってしまうでしょう。

しかし、日本の大半は森林に覆われており、人間が立ち入れない広大な土地があります。セイヨウミツバチは野生化できないので、そう言った土地はニホンミツバチしか住んでいないと考えられます。

このため、セイヨウミツバチを飼育する人が少し増えても、ニホンミツバチが日本からいなくなることはないでしょう。

セイヨウミツバチは農業での受粉用など活躍していますし、これからいなくなるということはありません。

また、セイヨウミツバチの養蜂家は、廃業・高齢化の問題があり、減っていっています。セイヨウミツバチの飼育者、ニホンミツバチの飼育者共に増える必要があります。うまくニホンミツバチとセイヨウミツバチで共生していけると良いと思っています。

ニホンミツバチについてもっと知ろう

このホームページでは、他にもニホンミツバチについての記事をご用意しています。
ニホンミツバチについてもっと知りたい方は、次の記事がオススメです。

ニホンミツバチとは カテゴリ一覧

メールマガジン申し込み!

「これならできる!ニホンミツバチの週末養蜂」の無料体験用のPDFをプレゼント!

更新日: