ニホンミツバチの天敵といえばスズメバチ、特にオオスズメバチです。ニホンミツバチには、スズメバチ以外にも、多くの天敵、外敵がいます。

1. スズメバチ

オオスズメバチは、ニホンミツバチの群れを襲い、巣箱の中に侵入し、群れを全滅させます。キイロスズメバチは、巣箱の中に侵入しませんが、働き蜂を捕まえて連れ去り、自分たちの幼虫の餌にします。対策が必要なのはオオスズメバチです。

=> ニホンミツバチの天敵と対策1. スズメバチ

2. 巣を食べる、スムシ

スムシというのは俗称です。正式な名前はハチノスツヅリガといいます。蛾です。このハチノスツヅリガはの幼虫は、ニホンミツバチの巣の材料である蜜蝋(みつろう)をえさとしています。どんどん巣を食べられていくので、ニホンミツバチにとっては大変な問題となります。

=> ニホンミツバチの天敵と対策2. スムシ

3. ハチミツは本当に好き。熊(クマ)

クマのぷーさんは蜂蜜が大好きですが、野生のクマも、はちみつが大好きで、年間数群れ熊の被害にあっています。飼育をしている実家のあたりはとても山奥なので熊がやってきて、巣箱をなぎ倒してはちみつをたべます。

=> ニホンミツバチの天敵と対策3. 熊(クマ)

4. 巣箱にやってくる昆虫たち

その他、アリ、ムカデ、カマキリ、蜘蛛(クモ)、カエルなどが巣箱にやってきます。

=> ニホンミツバチの天敵と対策4. ムカデ、カマキリ、蜘蛛(クモ)、カエル、アリ

更新日: