すぐに巣箱を作って準備を始めたいと思いますが、その前に少し待ってください。巣箱を作って捕獲にチャレンジする前に、注意事項・確認事項を紹介します。

注意事項1. ご近所トラブルは起こさないでください

銀座や梅田などの都市部でのミツバチの飼育が話題になっていますが、未熟な素人が人の出入りがあるところで飼育するのはやめましょう。苦情がくることも多く、条例で住宅地における飼育を禁じている自治体もあります。家族や隣人が刺されてしまうということは容易に考えられるトラブルですが、その他にも意外なトラブルが発生します。

飼育を始める前に、しっかり読みましょう。住宅地でも大丈夫だろうとか、なんとかなるだろうという甘い気持ちでは決して飼育しないでください。

=> 飼育の注意1. ご近所トラブルを避ける

注意事項2. 当たり前ですが刺します。刺されたら危険な場合も

脅かすわけではありませんが、ニホンミツバチの飼育中に刺されて命を落とす可能性はあります。ニホンミツバチに刺された場合の症状は個人差が大きく、蚊に刺された程度しか腫れない人もいますし、病院に行かなければならないほど症状が重くなる方もいます。心配な人は、事前にアレルギーの有無などを病院で調べましょう。こちらも、飼育を始める方は、必ず事前に読んでください。

=> 飼育の注意2. ニホンミツバチに刺されないための対策

注意事項3. 法律・条例を守りましょう。届け出が必要です

ミツバチの飼育に関する届け出義務や、飼育の制限は、全国に適応される「養蜂振興法」と、各都道府県が定めた条例によって決められています。

ニホンミツバチの場合は、個人で趣味として数群れ飼育する場合は届け出が必要ではない場合も多くありました。しかし、平成25年1月1日に養蜂振興法が改正され、趣味での飼育も含め「飼育届」を出すことが義務づけられました。都道府県によっても、対応が若干異なるようです。まず、市役所の農林課などで相談してみましょう。こちらも、飼育を始める方は、必ず事前に読んでください。

=> 飼育の注意3 ニホンミツバチの飼育届けを提出しましょう

飼育届けの必要について十分理解したら

注意事項について全て記事を読まれたら、週末養蜂への道のりへと進んでください。

人気記事ランキング

  1. 1. ニホンミツバチの飼育を始めたい方へ
  2. 2. 巣箱の作り方 日本蜜蜂の重箱式巣箱
  3. 3. ニホンミツバチの分蜂群の捕獲方法と5のコツ
  4. 4. ニホンミツバチの採蜜の方法(はちみつの採取)
  5. 5. ニホンミツバチの蜜蝋、巣箱、本の販売

疑問はミツバチQ&Aで解決しよう

ミツバチQ&Aは、ミツバチの飼育者が集まるQ&Aサイトで、日本全国の養蜂家から回答がもらえます。
なんと、3時間以内に8割の質問に回答が付き、最終的に1つの質問に付く回答の数は平均で3つです。
ぜひミツバチQ&Aを活用してください。
=> ミツバチQ&A

更新日: