ニホンミツバチの飼育にハマる人が続出しています。大きなやりがいを得て、人生を豊かにすることができます。

ニホンミツバチの飼育は、全部自分の手で行う

ニホンミツバチの飼育では、巣箱を作って群れを捕獲するところから自分で行います。セイヨウミツバチの輸入によって養蜂家に見捨てられたため、飼育方法がまだ十分には確立されていません。その分、試行錯誤の余地が多く残っています。自分で色々と試行錯誤しながら進めなければなりません。自力で行っているという実感を得ることができますし、何年も、何十年も没頭できる奥の深さがあります。ミツバチを見て、あれこれ考えたり、想像を膨らませたりする楽しさがあります。愛好家の多くは、自分の考案した器具を交流サイトで紹介する人もいます。

初めての捕獲、採蜜は一生の思い出に

初めてのニホンミツバチを捕獲したときや、初めてハチミツを採取できたときの感動は得難いものです。苦労して捕まえたニホンミツバチからハチミツを取る体験は、一生の思い出になったと語る人も少なくありません。しかも、苦労の末ハチミツを採取して嬉しいのは自分だけではありません。採れたハチミツを家族で食べたり、友人に差し上げたりすることで、みんなが笑顔になります。このような素晴らしい趣味が他にあるでしょうか。

ニホンミツバチは心を癒してくれる存在

飼育するまでわからないのが「癒し」です。次は知られざる癒しの効果についてご紹介します。

=> ニホンミツバチの週末養蜂の魅力3. 癒し

更新日: