待ち箱ルアーは、キンリョウヘンの誘引成分を化学的に合成して作られた誘引剤です。京都学園大学が、長年の研究を経て開発しました。

キンリョウヘンと同等の効果

キンリョウヘンはニホンミツバチの誘引に効果があり、長年養蜂家に愛用されてきました。そのキンリョウヘンと同等の効果があります。2014年に発売され、今では数千人以上の養蜂家が利用して言います。

簡単、手軽

待ち箱ルアーは分蜂時期に合わせて開封し、巣箱に取り付けるだけです。驚くほど手軽に利用できます。注文していただければ、数日で入手できます。

一方、キンリョウヘンは、園芸種としては人気がないため、販売する店が少なく購入できるお店を探し回る愛好者も多くいました。素人がいきなりランを育てることは難しく、せっかく買ったキンリョウヘンを誤った栽培方法によって枯らしてしまったり、うまく花を咲かせられない場合も多く見られます。またせっかくキンリョウヘンの花が咲いても、日本ミツバチの分蜂の時期とずれてしまうことが多く、キンリョウヘンは初心者には扱いにくいという問題がありました。

近年のニホンミツバチブームの影響からか、春には品切れが起こりやすく、開花株の価格は高騰しており、花が咲いている株では1万円を超える場合もあります。待ち箱ルアーは、キンリョウヘンのこのような課題を解決する、養蜂家待望の製品です。

詳しくは、専用の紹介ページをご覧ください

ニホンミツバチの養蜂家にとって革命的な製品「待ち箱ルアー」の専用の紹介ページをご用意しています。詳しくは次のサイトをご覧ください。

=> ニホンミツバチ 待ち箱ルアー

オススメの購入個数

ニホンミツバチが捕獲できない最も大きな原因は、設置する巣箱の数が少ないことです。待ち箱ルアー1つでは、捕獲できる望みは薄いです。ぜひ、飼育場所を3箇所以上確保して、それぞれの巣箱に待ち箱ルアーを付けてチャレンジしてください。

ニホンミツバチの捕獲方法のコツについては、次のページをご覧ください。
=> ニホンミツバチの捕獲方法と捕獲の8つのコツ

ご注文方法

京都ニホンミツバチ週末養蜂の会が運営する「週末養蜂家のニホンミツバチショップ」は、ヤフーショッピング店と、FC2店の2つあります。また、電話やFAXでも注文が可能です。

※待ち箱ルアーは毎年2月末頃から7月頃まで販売します。毎年新しいものを購入してください。

・クレジットカード、コンビニ決済をご希望の方、スマートフォンでご利用の方。 => ヤフーショッピング店

・シンプルな画面で、代金引換のみ => FC2ショップ店

・パソコン操作が苦手な人は => 電話、FAX
電話 0773-49-1591 (平日10時から16時)
お電話の場合、支払い方法は「代金引き換え」のみです。
※日中でもつながらないことがあります。

更新日: